ハロー!マイワールド

朝食に食パンをよく食べています



朝食にパンを食べることが多くなったので少しパンにこだわりを持つようになって来ました。
普段は朝食に食パンをよく食べています。

食パンはシンプルなので、シンプルなパンだと色々な食べ方が出来るので好きなのです。

食パンにバターだけを塗って食べることもありますしジャムやクリームチーズなんか塗って
食べることも好きです。
時間のある時はサンドイッチを作ったりフレンチトーストを
作ったりして食パンを楽しんでいます。

食パンだけでは無く菓子パンや調理パンを食べることもあります。
味がしっかりと感じることが出来るパンも結構好きなのです。

ですが食パンほど食べることはありません。
食パンは安さも魅力なので値段では他のパンは食パンには勝てないのです。

最近はフランスパンも気に入っています。ちょっとかための食感がとても好きなのです。
ピザトーストにしたりガーリックトーストにしたりして食べています。

パンはたくさんの種類があるので毎朝パンを食べることがとても楽しみです。
しばらくは朝食にパンを食べる生活が続くと思うくらいパンのことを気に入っています。
食パンは美味しいのに安いのでコストパフォーマンスもいいですし
飽きずに食べ続けていけそうです。


最近、趣味がないので映画を見るようにしました。



前はいくつか趣味があったのですが
最近はまったく何かをやろうという意欲がなくなってしまって、
これはまずいぞと暇な時間にネットで映画をなるべく見ようと心がけることにしました。

まだはじめたばかりで見たのは英国王のスピーチと梅蘭芳と言う映画だけです。
どちらも史実を基にしている映画なのでやはり人間描写に引き込まれるものがある
とてもいい映画でした。

私はやっぱりこういう実際にモデルがいる映画が結構好きです。

突拍子もない展開もいいのですが、
その人物に迫るようなじんわりと心に語りかけるような
言葉や葛藤を見ると共感したり考えてしまったり
見終わった後も余韻のようなものでしばらくその映画に耽ることができるので好きです。

ちょっとネタばれ的なものになってしまいますが、
英国王のスピーチでは幼い頃のエリザベス女王が出てきます。
凛とした将来を思わせる利発な美少女ですね。
彼女は愛犬家としても有名ですがそのシーンも出ていて、おお、と思ってしまいました。

王になりたいサクセスストーリーのような強い為政者の映画も見ますが
王になりたくないと嘆くシーンはこうして王に据えられてしまった人も
多かったんだろうな、なんて思わせてくれる私の中では一番の名シーンでした。

梅蘭芳は京劇でしたか?
の映画で同じ時代くらいのもう一つの京劇の映画が好きで
数度見ていてこちらはどんなものだろうと見たのですが少年時代の梅蘭芳役が
婀娜っぽくて化粧姿が美少年過ぎて笑いました。

最後には日本兵も出てくるのですが、うん、こういうイメージかと思ってしまいました。
劇は素直に美しいと思います。長い歴史があり文化のある国で
その伝統の継承された劇ですからそういうものにある美は時代を超えるものですね。
見てよかったです。